シルキークイーン ブツブツ

シルキークイーンでブツブツ肌は改善する?

 

黒ずみだけではなく肌がブツブツ・ざらざらに悩んでいる人もいると思います。
今回は、ブツブツ肌の原因やシルキークーンが効果あるのかを解説したいと思います。

 

 

ヒザのブツブツの原因は?

 

シルキークイーン,ブツブツ

 

ヒザのブツブツは外部からの刺激が原因である可能性があります。

 

意外と思われるかもしれませんが、ヒザは乾燥しやすい部位です。
皮膚が薄いうえに皮脂腺が少ないです。
さらに関節の稼働による曲げ伸ばしやひざ立ちなど、刺激が強く加わってきます。

 

つまりヒザは非常にダメージを受けやすい部分なんですね。
ダメージを受けると肌を守ろうと角質が厚くなりブツブツやザラザラといった肌感になってしまいます。

 

 

さらにムダ毛処理もされると思いますが、これが原因となることもあります。
特にピンセットで毛を抜くと毛穴が開いてしまい、角質などがたまってしまうとブツブツとした肌になってしまいます。

 

これら2つの原因によるブツブツを解消するには保湿ケアをすることが大切です。

 

ブツブツを解消するには厚くなった角質層が剥がれ落ちる必要があります。
肌を正常化しスムーズなターンオーバーをさせるためにも保湿しましょう。

 

シルキークイーンを使えばしっかり保湿できるので、ブツブツやザラザラの肌が綺麗になることも期待できます。

 

また普段から肌にダメージをあたえないように心がけましょう。

 

 

毛孔性苔癬の可能性も

 

シルキークイーン,ブツブツ

 

ひょっとしたら毛孔性苔癬という肌疾患の可能性もあります。
これは二の腕によく見られるブツブツですが、背中や太もも、ふくらはぎ、おしりなどにも出ることがあります。
色みさまざまで、赤っぽくなる、黒っぽくなる、茶色っぽくなる人がいます。

 

毛孔性苔癬は毛穴周囲に古い角質層が詰まって盛り上がることでブツブツやザラザラとした肌になります。
遺伝的な要素がつよいと言われていますが、原因はよくわかっていません。

 

10代から20代の若い年齢に多くみられ、30代の半ばを過ぎたあたりから自然と改善し完治していくことが多いです。
また痛みなどもなく健康上の問題はありません。

 

しかし、健康上の問題はないといっても見た目が気になる人は多いと思います。

 

毛孔性苔癬の治療方法はケミカルピーリングやレーザー治療があります。

 

一番手軽に行えるのはしっかりと保湿することです。
保湿をすることで症状が改善することもありますので、まずは自宅でできるケアとしてシルキークイーンなどで保湿をしてみるのがいいでしょう。

 

症状が改善されず見た目が気になるようであれば、皮膚科を受信するなどをおすすめします。

 

⇒シルキークイーンの口コミを検証!3ヶ月間の体験レビューはこちら